三陸の海からをテーマに新鮮な素材を生かしたこだわりの缶詰ショップ

さば味噌煮缶を使った人気レシピ<カレー編>
さば缶を使った人気レシピ・サバカレー

【サバカレー】
(2人分)
ミヤカンのさば味噌煮缶詰………………………1缶(175g)
人参………………………70g
かぼちゃ………………………70g
玉ねぎ(中)………………………1/2個
ローリエ………………………1枚
生姜………………………1/2かけ
カレーキューブ………………………2個

1)人参、かぼちゃは乱切りに、玉ねぎはくし切りに、生姜はみじん切りにする。
2)大きめのフライパンに油を適量ひき、玉ねぎと生姜を焦がさないように炒める。
3)人参、かぼちゃは耐熱皿に入れてレンジで1分半加熱する。
4)2に水350ccを入れ、人参、かぼちゃ、ローリエを入れ沸騰させ、カレーキューブを加えて溶かし、とろみが出るまで煮込む。
5)ミヤカンのさば味噌煮を液汁ごと加え、形を崩さないようにひと煮立ちしたらできあがり。

<コツ・ポイント>
みんな大好きサバカレー!お子様からご年配の方までさば缶レシピの中でも特に好評いただいているレシピです。
カレーキューブはお好みのメーカーの市販品をご利用ください。市販品によってもだいぶ味が変わりますので食べ比べしても楽しいですよ。
缶詰のさばを使うので調理時間が短縮でき、また骨までおいしく食べられます。
これであなたも気仙沼のファンの仲間入り!


三陸の海からをテーマに、
新鮮な素材を生かしたこだわりの缶詰ショップ【ミヤカン】
 
▼さば水煮缶詰・さば味噌煮缶詰の通販はこちら

サバの水煮缶・味噌煮缶詰レシピ
 
*:..。o○☆○o。..:*゜*:..。o○☆○o。..:*゜*:..。o○☆○o。..:*゜*:

【さば水煮缶詰・さば味噌煮缶詰の栄養】

鯖缶を汁ごと加えることでさばの栄養がまるごと食べられます。
さばの栄養とは、EPAやDHA、カルシウムのこと。

 EPA(エイコサペンタエンサン)とは、
 さばなどの青魚にふくまれる油のことで
 「血液をサラサラにする」
 「中性脂肪値を下げる」
 「血管年齢を若く保つ」
 「心臓病・脳梗塞を防ぐ」
 「動脈硬化を防ぐ」などが期待できます。

 DHA(ドコサヘキサエンサン)とは
 「記憶力の維持・向上」などが期待できます。

 サバはこのEPA・DHAが多く含まれており、
 鮮度の良いまま加工されたさば缶は
 健康を気にする方へぜひおすすめしたい一品です。

>>テレビ放送で紹介されたさば缶水煮缶詰・さば味噌煮缶詰の通販はこちら

 
*:..。o○☆○o。..:*゜*:..。o○☆○o。..:*゜*:..。o○☆○o。..:*゜*:


【さば水煮缶詰・さば味噌煮缶詰はこんな方へおすすめ】
・ちいさいお子さんにパクパク魚を食べさせたいママさん、パパさん
・いつまでも若々しく健康でいたいご年配のご夫婦
・合格を願う勉強中の受験生とママさん、パパさん
・もう一品、手軽に足したい共働きご夫婦



笑顔の家族 笑顔の夫婦

笑顔の受験生   食卓

 三陸の海からをテーマに、
新鮮な素材を生かしたこだわりの缶詰ショップ【ミヤカン】
 ▼さば水煮缶詰・さば味噌煮缶詰の通販はこちら

サバの水煮缶・味噌煮缶詰レシピ
Copyright (c) ミヤカンオンラインショップ all rights reserved.